シミを消す方法は?コンシーラーをうまく使えばいいの?

◆シミを消す方法のひとつにコンシーラー
シミって、どうしても隠したいですよね。
ついついお化粧が厚くなっていませんか?

 

薬を使ったり、病院に行ったりしてまで、
シミを消すまでは考えてないけど、
どうにかして隠したいとお考えですか?

 

そんなシミを隠してくれる強い味方「コンシーラー」。
シミ以外にも、くすみ、ソバカス、ニキビのあとなど、
色も範囲も異なるものが次々とお肌にでてきていませんか?

 

◆コンシーラーのタイプ
化粧品のひとつです。大きく4種類に分類されます。

 

・リキッドタイプ
 液状タイプ。塗りやすいですが、カバーする力は弱め。

 

・スティックタイプ
 リップ状のタイプ。伸びは良くないですが、気になる部分のみを
 ピンポイントでカバーしてくれます。

 

・クリームタイプ
 クリーム状タイプ。リキッドタイプと比べると少しカバーする力は
 ありますが、スティックほどではありません。

 

・ペンシルタイプ
 鉛筆状のタイプ。硬いのでスティックよりピンポイントに
 カバーすることができます。

 

カバーする力や目的によって様々な種類があります。

 

シミを消すのか、くすみを消すのか、クマを消すのか、
さらに広範囲なのか、ピンポイントなのか、
目的に合ったコンシーラーを探すことが大切です。

 

◆コンシーラーの色は?
次に悩むのは、色ですね。
たくさんの色が販売されていますが、
実際に塗るととイメージが違ったり、
明るすぎたり、暗すぎたりで逆に目立ったり。

 

そして、コンシーラーはなかなか減りません。
一回買うと長持ちします。

 

合わない色が長持ちしても困りますね。
そこで、慎重な色選びが大切となります。

 

おすすめなのは、「自分の肌よりほんの少し暗い色」です。
明るいほうが目立ってしまうからです。

 

そして、場所によって色が違う場合もありますよね。
たくさんコンシーラーを買うのも、ありかもしれませんが、
もったいない気もします。
そういうときは、二つの色を混ぜてみてはどうでしょうか?

 

形状のタイプと色、決まってしまえば、
毎日生き生きと過ごせますね。

 

>>米肌〈澄肌美白〉Amazonよりも超安く購入しちゃう裏技♪